Monthly Archives: 4月 2013
2013.04.29:月曜日

 

 

 

佐野洋子個展、やはり大好評のうちに終了する事が出来ました。お出かけ下さいました皆様、ありがとうございました。もう佐野さんにお会いできないのだ、と思いますと今更ながらに残念で悲しみも新たに湧いてまいります。会期中、佐野さんの著書で未読だったものを毎日読みふけってしまいました。
本を読む事でもう一度佐野洋子さんとお会いできた気がして、とても懐かしかったです。それにしても多才な方です。エンターテイメント性、サービス精神いっぱいの本、ドキュメントも小説も こんなに文章で人を離さない作家ってあまりいない。しかも神話の様な叙事詩的な本も書かれました。
佐野さんの最新インタビュー集「ほんとのこと言えば?」の中でおすぎさんがたけしの勲章の事に触れて、あれはフランス政府から電話がかかって来て実費を払ってもらうものよ、というヒトコマのステキな勲章と思っていたのに残念なお話など、抱腹絶倒なエピソードがどの本にも詰まってます。
のびやかな筆致で表現される銅版画も、子供心を掴む絵本も、人の心を鷲掴みにする文章も、神様から沢山の才能を与えられた佐野洋子さんの個展を開催できて、本当に嬉しく、光栄な事と思いました。そしてあらためて、洋子さんのご冥福を心からおいのり申し上げます。

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/sanoyoko_13.html

 

2013.04.19:金曜日

 

 

 

民野宏之さんの作品からは、いつもながら清新な空気を吹き込まれます。今年は特に風景のみの作品で、人の手のかかったものは何もないという潔さでした。

民野さんの作品は、どの様な題材でも底に流れる清々しい感性は一貫しておりますが、毎年札幌から届けられる新しい作風に驚かされます。

今年は、発表された作品の中の森の樹々や林を抜ける静謐な通り道、また時代の空気感を反映したかに感じる空の色などから、安らぎの感覚と共にひそかな不安感にも包まれます。

こういったカタルシスの感覚が、この時代感覚の中にひそむ痛みを伴った心地よさといったようなものを誘うのでしょうか。これらを掬いとり定着させた作品を街中や書籍などの中で再び発見したいものです。

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/tamino_13.html

2013.04.08:月曜日

 

 

岸田ますみ「さまよう風景」は、人々に印象深く作品の余韻を残して終了いたしました。

岸田さんは作品について多くを語る方ではありませんが、作品の画面から様々な言葉や音やまた、名前の付けられない感慨が、饒舌に流れて来る様に感じられました。

抑えた深い色調に描かれたシンプルな謎めいた海や山々、草原の風景は、わたしたちがいっしょに共有している感情を呼び起こされる様に感じ、刺激を与えられました。

そしてこのような感覚をもたらす作品の力を、様々な方が感じ取られた事を現場で感じ、嬉しく光栄な事と思いました。

 

 

http://spaceyui.com/schedule/masumi_13.html

 

 

2013.04.01:月曜日

 

キッタヨーコ

 

今年3年目となる、「早春の透明」展は、明るく楽しい印象を残して終了致しました。ガラス作家のキッタヨーコさんを中心にした展覧会は、沢野弓子さんと田村愛さんの参加を頂いて開催されますが毎年三人の作品がきれいなハーモニーを奏で、ギャラリーを明るい空気で充たします。打ち合わせをしたわけではないのに、毎年互いの持ち味が響きあうバランスのとれた展示になり、驚かされます。

今年のキッタヨーコさんは、柔らかくヴォリューム感のあるキッタさん独特の個性豊かな作品を造り上げました。マジョルカのガラスヴァージョンといった感があり、どこにも見た事のないオリジナリティーに富んだ作品でした。

 

  沢野弓子           田村愛 

 

http://spaceyui.com/schedule/toumei_13.html

 

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新