Monthly Archives: 11月 2013
2013.11.22:金曜日

小渕もも 個展 2013

 

 

 

今年の小渕ももさんの作品も、なんとも言いがたい可愛らしさと魅力があり、幅広い層の人々に支持されました。

テキスタイルやパッケージデザインの仕事をしていらしたももさんの陶芸作品は、「今」を切りとったおしゃれ感覚が溢れ、ずっと毎年楽しみにして下さる方をはじめ、若い人々の注意も魅き付けております。

次回はファブリックも!という皆さんのご要望も多く、大胆なマリメッコのニュアンスとも通じるももさんのテキスタイルが今から楽しみです!

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/obuchi_13.html

 

 

 

大野郁子展 「Natural」 

 

 

 

  大野郁子さんの4年ぶりの個展でした。ご自宅の庭に咲くミモザやライラック、また桜の樹や花などを大野さん独自の個性で表現されました。

元々油彩画の勉強をされ、力量ある作家さんですが、デザイナーでもある大野郁子さんの作風は、グラフィック感覚を隠し味に持ったオリジナリティー溢れる油彩画です。

大野さんは大学生の時代を除いてずっと熊本にいらっしゃる方ですので、熊本弁に触れるとほっと安らげる空気が広がり、訪れる方々も温かな気持にさせられました。

書籍を飾る装幀になると、更に力が発揮されるようです。

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/ohno_13.html

 

 

 

2013.11.07:木曜日

 

卯月俊光「やまと燦々」

 

 

 

今回卯月俊光さんのダイレクトメ―ルをご覧になった方は、以前の卯月さんを知っている方なら皆さんびっくりなさったのではないでしょうか?見ると元気な気持を引き起こされずにはいられないDMからのメッセージには感動を覚えます。

卯月さんの「富士山と太陽」は、ポップで伝統的で派手さとシックな感覚が混ざり合いオリジナルなパワーを発散しておりました。

そして、画廊空間に展示された全ての作品が、ごく自然に色彩と形態のバランスを音楽の様に奏で合っていましたが、整った美しい画面構成からちょっとはみ出したり壊してみたら、更におもしろそうです。

僭越な感想ですが、卯月さんの中で自由度が大きく風を孕み、その揺るぎない技術と結びついたら未知の何かが生まれる予感がしました。

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/utsuki_13.html

 

 

 

 

高橋淳子デザイン書道展2013「TOMORROW 2」

 

 

 

書道の道筋は、普段ギャラリーで展開される美術作品の流れとは少し異なるかも知れませんが、流れる墨の美しい線の世界をみせて頂いたり、デザイン的な墨のアルファベット等、フレッシュな感覚で拝見させて頂くことができました。

高橋淳子さんの作品を拝見し、文字を墨で描き、またデザインしたりすることと同時に、表装の作業や、パーテーションとしてしつらえたりする事も展示のプレゼンテーションとしてとても大切なことと思いました。

現在をとりまく状況への思いも綴られたたいへん志ある表現であったと思います。

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/takahashi_junko_13.html

 

 

 

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新