2014.02.27:木曜日
小林マキ Days in Deutschland + YUI GARDENや日々のこと等

 

 

 

 

ドイツ滞在中の小林マキさんから、初めてのメールを頂いたのは、一年程前の事でした。メールで届けられる、小林さんの視線で切り取られたヨーロッパの人々の暮らしぶりや街並のイラストレーションが、とても新鮮に感じられるのと同時に、たいへんな完成度である事に感じ入りました。

小林さんの作品の中には、昭和初期の日本のイラストレーション的な懐かしいテイストを感じさせるものや、ペインティングやコラージュの様々な技法で表現されたもの等、多岐にわたるバリエーションの作風がありますが、作品のスタイルが変わっても、全ての作品が矛盾なく小林マキさんのものだと納得させられるのは、相当の力量なのだと思います。

また、インターナショナルな感性に育まれた作品の中に、日本画的な画面処理のスタイルが感じられる事も大きな魅力のひとつと思います。

ドイツからの帰国後、初めてお会いした小林マキさんは、端正な女性らしい優雅さが印象的な方でしたが、その後お会いする度に印象を塗り替えられて行きました。

スケートが得意だったりサッカーのクラブに入っていると聞くだけでも驚かされるのに、サッカーの試合では世田谷区代表で優勝して新聞に出た事等を伺うと、小林さんの外見との落差に楽しい衝撃が走ります。

優雅さと自然体がMIXして、小林さん自体がご自身の作品の様に未来が楽しみな方です!

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/kobayashimaki_14.html

 

 

 

スケートといえば、日本のフィギュアスケートの選手達、今花ざかりですね!ソチ冬期オリンピックでは、選手達の演技に真夜中に何度も緊張させられて、泣いたり笑ったりと忙しかったです。

画廊のお客様で、元フィギュアスケートの選手で、町田樹選手の振付けとコーチをしていた方がいらっしゃいます。エキジビションで好評だったあのエアギターのふりつけをした方です。

町田選手が19才の時に、大きなメガネもマフラーもお揃いで練習に励んだのだそうです。

私のマッサージの先生なのですが、身体構造や反応をとても良く勉強されていて、彼女の所にいくととても調子が良くなるのです。マッサージのお仕事と共に、深くこころの問題を抱える子どものカウンセリングもされている方です。

YUI GARDENのオープニングの日に彼女が駆けつけてくれた時、何故かとても嬉しかった事を思い出します。最もつらい状況にある人々に向ける彼女の勇気と眼差しがとてもまぶしく感じられるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

YUI GARDENがスタートしてから一ヶ月と少し経ちます。オープンを記念しての大勢での展覧会の後、いくつかの個展を開催しておりますが、毎日仲町台の様子が気になって困ります。

グループ展の時にはそれほど感じなかったのですが、個展は何故かとても気にかかってしまいます。

YUI GARDENが始まる前に、スタッフの方に、自分の口から無意識に出た言葉を今思い出しております。ひとつひとつの展覧会をとてもたいせつに思っているので、その事を本当に理解して開催して頂きたい、と繰り返し訴える自分がおりました。

普段は冷静に仕事として対峙しているつもりでおりますが、いざ、青山から離れた場所で少しかたちを変えた展覧会を開催する、という事に直面すると、不思議なジェラシーの様な感情が芽生えるのです。たいせつにしていた何かを持って行かれる様な感覚・・・。

普段は建築家であったり、Shop Bの担当だった方にとって、初めての画廊というお仕事を、とても丁寧に真摯な姿勢で取り組んで下さっていただき、安心してお任せできております。とても信頼できる方々です。

都会のエアポケットの様なこの美しい空間で、作品を見に来られる方々の中に素敵な化学反応が起って下さるとよいナ、と思っております。

 

今、このブログを更新しようとしていたら、YUI GARDENで奇跡のような出来事がありました!2011年の春に亡くなられた永井宏さんに捧げます。

 

 

http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=10079

ページトップへ

Copyright © 2021 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新