2014.04.23:水曜日
片山健 個展

 

 

 

 

片山健さんの個展を、八年ぶりにやっと開催することができました。吉祥寺のトムズボックスではほとんど毎年開催され、羨ましい限りなのですが、スペースユイでは「油彩画」と、片山さんが決めておられる為、どうしても開催が間遠になります。

片山さんとのお話の中で、ギャラリーから時々「展覧会は、まだですか?」とお電話をする事が暗黙の約束事となっておりましたが、何回も何回も断られ続けていて、今回の展覧会も、すでに諦めの境地でお電話させて頂きましたが、まさかのYESのお返事が聞けて、こちらが驚いてしまったのでした。

後で伺ったところ、アトリエで丁度電話に出られたその時瞬間的に気分が昂揚していて、OKのお返事を下さいましたが、時間が経過するに従い後悔に苛まれはじめたのだそうです。絶妙なタイミングで電話をして、本当によかった!と思っております。

私たちが求めている片山さんの作品のパワーがギャラリーを覆い、宙に浮かぶ人や朝焼けや夕焼けの空や海が描かれた油彩画の画面から伝わって来るものに、圧倒されました。

人間が生きていく時間の経過というものをしみじみと感じさせられる地球の裏側の国々の音楽が実際に絵を見る度に聴こえて来る様な気がしてなりませんでした。

今年の展覧会をきっかけに、片山さんがもっと頻繁に個展開催をして下さる事を皆を代表し、願っております。

片山さんには、YUIGARDENのオープニング企画展「空間のこども」のDMに、出品者を代表して、作品を掲載させて頂きました。新作が間に合わず、伝説的な作品集「いる子ども」の中から表紙の作品をお借り致しましたが、今の時代だからこそ、片山さんの作品のエネルギーが私たちにとり、かけがえのないものに思えるのです。

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/katayama_14.html

ページトップへ

Copyright © 2020 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新