2014.07.07:月曜日
YUI GARDENの風景と「天野智也 備前作陶展」

 

 

 

 

あっという間に月日は過ぎて行きます。YUI GARDENでの木村かほる個展も始まったばかりと思いましたらもう明日で終了です。相変わらず緑の中の建物は風情がありました。鳥を追いかける子供たち、ゆっくり散歩を楽しむ人々の間を縫って、澄んだきれいな小川が流れます。時々小さな生き物がせせらぎを跳ねている様子が見えます。

そして、遥かに高い天井から注ぐ光線が空間全体に広がり、ギャラリーはさながら光の箱の様でした。

今日は、横河設計工房の国枝さんにアトリエで建築模型を見せて頂きました。国枝さんはじめ若いスタッフの方々がそれぞれに担当された現実の建物を想像しながら楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 

 

 

 

YUI GARDEN来週は、備前焼の天野智也さんの展示です。光に反射して淡く空間に溶け込む様な絵画から、土のどっしりとした個体の作品へと変わる空間の変化も楽しんで頂けると感じます。

天野さんは今年で7回目となりますが、私の様な陶芸の世界の素人にもその力量が解る様になって来たのでは、と僭越ながら思います。

建築の世界にも繋がるシンプルな構成的な作品も含まれており、ご本人のお人柄と相俟って、年月を追う毎にどんどんファンを増やしております。

シンプルな事と味わいのある事とが結びつくのは、逆説的ですが、多くの素敵な作品に当てはまるのではないかと思われます。

七年前に岡山市でご活躍のギャラリスト薮多門さんから、備前の若手で素晴らしい作家がいるのでぜひご紹介をしたい、と伺った時には、いつか大好きな備前焼の展覧会を開催したいけれど、何の情報もなく雲を掴むかの話だった私には本当にありがたく、即答でお返事させて頂きました。今となりましては藪さんには本当に感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/amano_14.html

 

 

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新