2014.07.17:木曜日
あずみ虫「物語のための絵」          堂前守人「木漏れ日の器」

 

 

 

 

 

今年も人気者のあずみ虫さんの展覧会が、「物語のための絵」をテーマに開催されました。宮沢賢治やアンデルセンの物語の中の情景から創造した完成度の高い作品が展示され、好評を博しました。

あずみ虫さんは、安西水丸さんのイラストレーション塾に通う生徒さんの一人でしたが、水丸さんが生徒の資質を上手に引き出す名人だったことは、水丸さんのアドバイスから生まれたブリキを切って絵の具を塗る、というあずみ虫さん独特の作品スタイルを見ても理解できます。

素材と作家の感覚とがぴったりとフィットし、物語の中の様々な場面を描いた作品から、見る人を豊かなここちよい心情へと誘うエネルギーを感じ取ることができます。

 

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/azumimushi_14.html

 

 

 

 

 

 

 

 

堂前さんの陶器に描かれた絵は、自然に溶け込むかの様な色彩の優しい華やぎがあります。見つめていると、じわっと良さがにじみ出て来るいぶし銀の様な魅力がある陶器と思います。

土から器の形をつくり上げ、絵を描く、という作業は、時間と労力のかかる仕事です。柔らかな花柄が人気ですが、幾何学的なシャープな模様も組み込まれていて、しかも会場全体がひとつの流れに統一された世界観があり、作品の持つ力量を感じさせられます。

堂前さんの器は使い込んで行くと更に味わいが深く感じられ、そして困った事に食欲を増進させる性格を持っている様なのです。

 

 

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/domae_14.html

 

 

 

 

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新