2014.10.25:土曜日
卯月俊光 NEW LANDSCAPE

 

 

 

 

今年の卯月俊光さんの作品のテーマは「富士山」。数十点を超える作品の全ての色彩の組み合わせと表情が異なり、ヴァラエティーに富んでいます。

和紙のテクスチュアを生かして着彩され箔を施されメイクアップされた富士山は、伝統的テイストを控えたポップなパワーが燦めきます。

 

・・・・とここ迄書いて、改めてYUI GARDENの義山さんの書いた卯月さんの作品へのコメントを読み、感心しております。

YUI GARDENのスタッフは、ボスの横河氏、サブリーダー国枝氏の他に後4名の若い建築家と経理の方、全部で7名の方々ですが、ギャラリーは建築家が仕事の分担を決めて運営にあたって下さっております。その中で、新たな展示の搬入が終えるとFBにコメントを書く係が義山さんなのですが、会を追う毎に腕が上がって来て、各々の作品へ向けられる視線の的確さにちょっと私としましては脅威を感じているのです!!

日々の仕事に追われて(ぐずぐずしていて)私は何週間か後にブログを書くのですが、何と義山さんは作品を観ると同時に、瞬間的に書いてしまうのです!

今後は、YUIのブログ、義山さんのコピペにさせて頂こうかしら?・・・という事で、今回の卯月さんの作品への彼のコメントをご紹介させて頂きますネ。

 

コンクリート壁に架けられた30を超える富士山の作品。

空間の高さを活かした展示、見上げて気づく富士の山。

水彩紙に型紙、染料、箔。現われる柔らかな色彩。

富士山に雲、月・・記号的にも見える一つ一つ。

大きく、絡まり、多様な色使いが 自然の壮大さを

改めて伝えてくれるようです。

日本的にあるモノに対し、POPに新たな視線を与えてくれます!

 

ある規則的な行為が反復、そしてゆらぎ。

騙し絵でもない、繊細で巧妙な技法。

アクリルにデジタルフィルムを組み合わせた作品は圧巻。

これは何ですか?そんな質問を卯月さんにしました。

今思うと野暮なクエスチョン・・

それは「何か」ではなく、

技法が形となった、「そのもの」なのかもしれません!

 

 

 

 

 

 

 http://spaceyui.com/schedule/utsuki_14.html

スペースユイ hp

 

https://www.facebook.com/yuigarden?fref=ts

ユイガーデン fb

 

 

 

ページトップへ

Copyright © 2022 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新