2017.01.26:木曜日
小池アミイゴ 東日本

 

 

 

2017年の小池アミイゴさんの展覧会では、ペインティングのタッチもなめらかに、花々も、遠く臨む海や浜辺の状景も、より優し気に心情のこもった作品の数々が展示されました。

やんちゃな少年がそのまま大人になったようなアミイゴさんのことを知らずに作品を見られた方は、小さな花や風景作品のたおやかとも言える優しさと作者のイメージとが重ならず、少なからず当惑なさる様子でした。

2011年3月の震災直後からの作品創作やブログ、フィールドワーク等、小池アミイゴさんの活動の全体像を見て、彼の作品を紹介し人々に広めて行くのは、その時の自分の義務のように切実に感じた記憶が、昨日のことの様に思い出されます。

被災地への思いを作品の制作だけでなく実際の行動でも表すアミイゴさんの作品からは、被害に合われた方々への共感や亡くなられた方々への追悼の思いが、同じ国に住む者として自然と湧き上がるように思います。

2012、2014、2015年と東日本をテーマにした展覧会を開催させて頂きましたが、4度目となる2017年は、絵本「とうだい」(福音館書店より出版)という新たな視点も加わった展開の展覧会となりました。

人々との関わりや活動の中で培われて来たアミイゴさんの技術と感性には目を見張るものがあります。

そして作品を提示することにより、人々から更なるエネルギーを受け、より普遍性を帯びた作品へと進化を続けて行くことを確信しております。

アミイゴさんご本人の素敵なコメントを以下にご紹介致します。

yuiで4度目の開催となった展覧会「東日本」が終わりました。

展覧会明けの今朝、絡まった言葉をほぐすつもりで、代々木公園をユックリ走ってみると、冷たい空気の上に乗っかった東京の空は、朝日をやわらかくまとった灰色の雲に覆われ、そこに冬枯れの木々の枝が黒い筆致で複雑な模様を描いていました。光の変化で刻一刻と変わってゆく風景を愛しいと思い、センチメンタルな気分にも浸り、結局10kmほど走り続けた2017年1月19日の朝です。

そんな風景に心をを奪われるのは、yuiで出合ったお1人おひとりの言葉に触れたからです。

4度同じタイトルの展覧会を開催し、足を運んでくださる方からいただく言葉を、より確かなものと感じた今回。

昨晩家に帰ると「作品は観衆がそれを見に来て、自身の解釈を付与して初めて完成する。そして、その芸術作品は、そこに至るまでのグレーの領域を表現しているんだ」なんて言葉に出会いました。昨年亡くなったデビッド・ボウイが遺した言葉は、ボクが作ったyuiの空間を明快に言い表してくれたはずです。

yuiへの搬入から設営の後、作品の並んだ生まれたばかりの空間の中に立ち気がついたのは、「ボクは絵に向き合ってくれる人のことを思いっきり信頼して描いたんだ」ということ。

ボクはなにか描いたけれど、それを絵に育ててくれたのは、寒い中yuiまで足を運んで下さったお1人おひとり。そこからまた力をいただいたボクは、次の場所を目指し灰色の荒野を歩けるのだと思っています。

毎回展覧会の最終日には寂しさを感じたものですが、今回は「次」という気持ちが大きく勝ると共に、「ボクはまだなにも描けていない」という気持ちでもいます。

2011年3月11日の夜に「これは10年、20年とかかる事態だ」と直感したことは、今も明快にボクの中にあり、ただこれまでとは違い、心に多くの並走者を得たはずの4度目のyuiの時間。

あらためて、みなさん、寒い中足を運んでくださってありがとう。LOVEです。

毎回「アミイゴくん、お願いね」と呪文をかけてくる木村さん、ありがとう。

今回の展覧会に至る最初の部分で、画家のやまぐちめぐみさんの早逝に出会い、彼女の遺した作品を整理しタンバリンギャラリーで展覧会を開催するまでの仕事をしました。

彼女の生きた証は、ボクの制作のハードルを思いっきり上げるもので、なんつーか「負けてられねえ」って気持ちで今回に臨んだこと、最後に記しておきます。

ひとりで見ることの出来るものには限りがあります。

しかし、です。

小池アミイゴ

http://spaceyui.com/schedule/koike-amiigo_17.html スペースユイhp

http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=12832 小池アミイゴhp


ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新