2017.04.25:火曜日
民野宏之 作品展

 

 

 

毎年春の始まりの季節になると、民野宏之さんの個展が近づいたなと感じます。

民野さんはもうデビューしてから25年目を迎えましたが、25年間で2回を除き、毎年つまり23回開催して頂いております。

こうなると、もう親戚の人!という感覚です。ほぼ独学でここまで来られた民野さんの最初の個展の事を思い出しますと、感慨無量です。

民野さんの作品に囲まれると毎年感じる事ですが、 静かな澄み渡った空気が札幌の民野さんのアトリエからから運ばれて、 清涼な風の中にいるようです。

また、初めて伺い、驚いたのですが、民野さんはモーグルの選手で全国で10位だったそうです。民野さんがスノーボードハーフパイプや自転車競技では北海道ではトップの選手だったという事は知っていましたが、モーグルの事は知らなかったのでびっくりしました。コブコブの雪原を滑走する民野さんの姿が目に浮かびます!

民野さんの作品画面の気持の良い美しさと共に隠し味の様に感じる研ぎ澄まされた緊張感は、彼のそのような背景から来るものかも知れません。

民野さんから文章を頂きました。

少し訂正もあります。申し上げる迄もない事ですが、私はジャーナリストにはなれそうもありません!

「SPACE YUI」

今では「青山の実家」の様な存在で、毎年、春になると里帰りしています。

1992年から辛抱強く見守り続けて下さる木村さんに、「いつかご恩返しを・・・」と、思い続け、何も出来ないまま25年が経ってしまいました。

そんな僕ですが、昨年の夏頃、大きな変化がありました。

~もともと、音楽であれば音数が少なくて一音一音が心にしみるような曲。

映画だったら説明がほとんど無くてぼんやりとした輪郭と空気感だけが印象に残るような作品が好きなのに、

それに反して自分が描く絵は、ついつい細かいところにまでこだわり過ぎ、

それによって大切な何かが欠けていたのだということにやっと気付きました。

対象物の本質をより理解し、全体像を感じ取ることが大切なことなのだと。

それからは筆の運びが少しおおらかで自由になって来たように感じています。

それから・・・せっかく書いていただいたのに申し訳ございません・・・

モーグルは10位じゃなくて15位なんです。(^^ゞ

スケートボードのフリースタイルは北海道チャンピオンで、全国5位になったこともありますが、どちらも40年ほど前のことです。スノーボード・ハーフパイプに関しては趣味程度でトップクラスとは程遠いです。ですから・・・なんだか恥ずかしいです・・・

「サイクリングが大好き・・・」くらいにしていただけると嬉しいです。

http://spaceyui.com/schedule/tamino-hiroyuki.html

ページトップへ

Copyright © 2022 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新