Monthly Archives: 12月 2017
2017.12.11:月曜日

 

 

 

既成のセオリーや理論的な概念などといったものから軽~く解放された、小渕ももさんの作品は、だからこその驚きもあって、自由な画面が心地よいのではと思います。

小渕ももさんの天衣無縫の大胆さが損なわれることのない様、ずっと独特に柔らかな色彩をキャンバスに描き続けられる事を思っております。

小池アミイゴさんが、小渕ももさんの展示にいらしてfbに素敵なメッセージを残して下さいました。

そして青山のyuiへ、小渕ももさんの描いたゴルティエのトルソに会いに。

絵を描く楽しさだけで描いたっていうモードの世界は、マッツの世界と通底する孤独であることの喜びに彩られ、おおらかで、可愛らしくて、ああ、この感じ手放してはならないなと思ったよ。(小池アミイゴ)

http://spaceyui.com/schedule/momo_obuchi_17.html

 

 

 

2017.12.08:金曜日

 

 

 

 

その空間に立った時・・・・、

涼しげな香りや、静かな川の流れの音のような爽やかさに包まれます。

この世界はどうなってしまうのだろう、と情報の洪水に押しつぶされそうな時に、柔らかく心をリセットに導いてくれるかのようです。

立川一美さんの作品は刺繍によって表されますが、白く清潔な布などをキャンバスにして描かれた花々や鳥たちは、糸や布の狭間から優しげに、時には強く残る優しさで囁きかけます。

立川さんからの文章です。

いつの間にか、6度目のユイでの個展になりました。

一針ひと針の作業なので、なかなか多くの作品を作る事はできませんが、様々な布や糸との出会いを大切に、それらの組み合わせのおもしろさを、これからも追求していきたいです。(立川一美)

http://spaceyui.com/schedule/kazumi_tachikawa_17.html

 

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新