2018.03.14:水曜日
谷口シロウ その部屋の片隅で起きたこと

 

 

 

谷口シロウさんの作品、一見さり気なく魅き付けられますが、実際には作品全体に渡り、繊細に構築された背景に湛えられた感覚を覚えます。

登場人物のポーズも、見る人に強くは感じさせないくらいの神話的イメージがまぶされていたり、清潔感ある印象の研究されたテクスチユアが透明感を醸し出しております。

シロウさんは、皆様がご存知の通りに作品の制作と同じくらいにレディシロウのパフォーマンスでも積極的な表現活動をされております。

そして、レディの時もメンズの時も、シロウさんの優しさのエネルギーがご本人全体から溢れステキに人々に注がれて行くのが感じられます。

作家本人と同じように優しく大らかでポピュラリティーのあるイラストレーションですが、シロウさん独自の美意識を見逃してはならない、と思っております。

谷口シロウさんから素敵なメッセージをいただきました。

この度、久しぶりに本格的な個展をさせて頂きました。

新しい、わがままなスタイルになってからの集大成の気持ちで臨みました。

ぶきっちょなので絵に向かう時はいつも初めて描く気分です。

ぎこちなく、それでも少し気持ちのいい線、色ができたら鼻歌気分。

そんな中からイケそうなのを集めてみました。

他人から見たらどれも同じようなのかもしれませんが

自分の中ではいろいろな実験をして、削ったり足したり…

そんな中から次のステップへの道も開けた気がします。

壊し、作り、捨て、塗り重ねるの繰り返し?

生きることは辛さと楽しさのサンドイッチ。

美味しいサンドイッチを頬張るために明日も

白いキャンバスにバターを塗り、

白いパンにペンを突き立てます?

ご覧いただいた皆さま ありがとうございました。

すべての人がハッピーになりますように!

(谷口シロウ)

http://spaceyui.com/schedule/shiro_taniguchi_18.html

ページトップへ

Copyright © 2020 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新