2018.04.20:金曜日
杉田比呂美 日常のキラリ

 

 

 

 

杉田比呂美さんの展覧会を久しぶりに開催させて頂きました。

わたしは杉田さんが夕焼けの景色を描いた作品や、空や空気が不思議な色をした作品がとても印象的で大好きです。景色の色の不思議感覚と共に、何かSF的な時空のずれ感を楽しませて頂いております。

杉田さんの作品は、そこに描かれる人々も風景も、本当にさり気ない日常のひとこまなのですが、どこか微妙に心が揺すぶられます。

人々の普段の営みが、それぞれの作品画面から生き々と伝わって参りますが、希望や楽しさといった感覚といっしょに、微少な諦観や哀しみといった感情が多分それと意識されない程に絶妙な隠し味的な塩梅で配分されているのではないかと思うのです。

抑制の利いた詩情が作品を見る方々の共感を呼ぶのでは、と感じます。

杉田さんは絵本作家でもあり、文章もたいへん素晴らしくて、今回の作品に添えられた物語にも見入ってしまいました。

この感覚、誰かに似ている?と考えたら、水丸さんでした!

そんな杉田さんから、素敵な文章が寄せられましたので、ご紹介させて頂きます。

久しぶりに個展をさせていただきました。

今回は7年間続いた『小説すばる』の表紙の表紙の中から

選んだ53点の絵です。

どれも日々の暮らしの中で起こる、嬉しいこと、

はっとすること、など、『日常のキラリ』とした

瞬間を切り取った絵です。

連載時に書いた表紙の小さな物語も、

同時に展示しました。

見られる方の年齢を問わず、「懐かしい!」

という言葉をいただいて、

とても嬉しく思いました。

これからも、単調と思われる日々の暮らしの中、

はっとする瞬間を大切にしていきたいと思います。       (杉田比呂美)

http://spaceyui.com/schedule/sugita_hiromi_18.html

ページトップへ

Copyright © 2020 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新