2018.06.16:土曜日
はんまけいこ展 2018

 

 

 

 

はんまさんご自身からも、はんまさんの作品からも、海のかおり、南国の空気のたゆたいが漂っているように感じます。

自然の中で暮らしながらも、都会の人々との仕事や友情の繋がりが常にある、という理想的な生活は、憧れてはいても実現させる事はむずかしい事でしょう。

理想を現実化させている変わる事のない、大らかなはんまさんの元には、展覧会を開催する毎に、本当に多くの方々がお出かけ下さいます。

沖縄の小浜島でカフェを営み、可愛い山羊の世話を続けながら新しい作品のキャラクターを創り続けているはんまけいこさんの生活は、大地に足がしっかりと着いた素晴らしい暮らしぶりと思います。

たっぷりと太陽の養分や海の風を吸収し、でき上がって来る作品は、はんまさんの想像力といっしょに、都会のギャラリーの中で生き生きと息づきながら、皆さんとコミュニケーションしていると感じております。

また、はんまさんの軽やかな作品のプロフェッショナルな完成度には、多くの感嘆の声が聞こえて参ります。

はんまさんからも、文章をお寄せいただきましたのでご紹介させて頂きます。

スペースユイで個展をさせて頂くようになってから早くも18年になりました。

沖縄の最南の離島(小浜島こはまじま)に移住して36年

東京で生まれ育った私にとって、大きな澄んだ空とコバルトグリーンの珊瑚礁の海に囲まれたこの島は楽園でした。

6年前からは山羊を養っています。

沖縄では山羊は食用、ヒージャー汁は沖縄のソウルフード。

しかし私は山羊を食用にされないように保護しつつ、近年は山羊を題材に絵を描いています。

山羊の絵を描く時は心から愛おしくて たくさんの悲しみと物語、そして喜びが湧き上がります。

絵を描く素材を惜しみなく与えてくれる小浜島の自然の神様に心から感謝しています。

(はんまけいこ)

http://spaceyui.com/schedule/keiko_hannma_18.html

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新