2018.08.31:金曜日
百瀬恒彦 指輪物語 THE LORD OF THE RINGS.

 

 

 

この夏に、写真家の百瀬恒彦さんと知己を得ることができ、ギャラリーにとりたいへん光栄な嬉しいことと思っております。

「指輪物語 THE LORD OF RINGS.」という個展タイトルも、様々なイマジネーションを呼び起こすロマン溢れるクレジットですが、実は指輪は「核」であり破壊すべきものという前提のストーリーがあります。百瀬氏は反戦・反争いの思いを、美しい描写と重ねていると感じられます。普通に考えたら自明の理と思える私たちの核への拒絶感ですが、理不尽にも厳然と存在している不明に慄然と致します。

それでも百瀬さんの描く指輪(核)は美しく感じられ、煌めく光は宇宙の彼方にありながら、人間の中の奥深い細胞の中から生まれる存在でもありそうです。もどかしく辿り着けない光は、私たちに難しい問いを投げかけるかのように感じられます。

百瀬さんはスコットランドの水辺や山々、視覚的にドキドキする佇まいの古城や人の気配のない建物などのモチーフを、人々の想像力を膨らませるように、また分かち合うように、描写されておりました。

今年の作品は、スコットランドのエジンバラで撮影されたものでしたが、来年の秋にはUSAのアーミッシュの人々や日々の暮らしを描写した作品を発表致します。映画でもお馴染みのアーミッシュ、電気も自動車ももちろんスマホやPCもなく、利便性や情報を意志的に遮断するという、私たちとは対極の生活を自らに課している彼らの生き方は、今、特に注目すべき存在の在り方と言えるのではないでしょうか。

http://spaceyui.com/schedule/tunehiko_momose_18.html

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新