2018.11.28:水曜日
河井いづみ A party

 

 

注目の作家、河井いづみさんの三度目の個展 ーA party ーが開催されました。

鉛筆画やリトグラフ版画として表現される河井いづみさんの作品の数々は、現代的なモチーフと感性に彩られており、しかもそれらの作品が視覚に訴えかけるオーソドックスなテクスチュアは、多くの方々に親しまれ愛されている事を感じます。

モノクロームの独特な世界観から広がって、今年は色彩豊かなリトグラフ作品の制作にも挑戦され、新たな魅力が加わりました。

ひとつのリトグラフ作品が完成する迄には、たくさんの制作行程を辿り、緊張を強いられる時間も費やさなければなりません。

河井さんの作品からは楽しさや幸福感と共にどんな空間にも耐えうるクールな力量、という風なものを感じておりますが、それはやはり技術的な確かさに裏打ちされた要素と先進的な感覚が相俟って生じるものとおもいます。

河井さんのご実家は長崎のカステラ等を扱うお菓子屋さんで、お店の包装紙も河井さんのおしゃれなデザインが素晴らしいのですが、そんな彼女のDNAルーツについてのステキなコメントをお寄せ頂きました。

私の祖母は、家業の菓子店の仕事をしつつも、手芸の先生でもあったので、祖母の作業部屋にはたくさんの布や紙、奇妙なオブジェや道具が天井まで積み上げられていて、家が傾くほどでした。

多種多様に、ほこりと共に雑多に積み上げられた物たちの、色と輝きと染み付いた香り。混沌。

私はいつもゴロゴロしながらそれを眺め、小さくなって潜り込み、宝探しや冒険をしていました。

その時からの空想の旅が、まだまだ続いているように思います。          (河井いづみ)

http://spaceyui.com/schedule/izumi_kawai2018.html

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新