2019.04.29:月曜日
小山春子 fragments

 

 

 

小山春子さんの刺繍の作品画面からは、ポジティブな清潔感溢れるエネルギーが発散されていて、観る人々を立ち止まらせます。

作品のキャンバスである純白な麻布などが醸す品格のあるエネルギーは、布に刺された糸やビーズによる視覚的なテクスチャアを伴って、穏やかに空間に伝播して行くかに感じます。

丁寧な手技の作業が積み重ねられ、深遠な世界観へと繋がる感覚が軽やかさに変換されていたり、また小さな身近な物を描いたイラストレイティブな傾向の作品等はポップな楽しい印象ですが、静かに祈りへと繋がっている感じが致します。

オイルペインティングの作品が、作家の思いの込められた一筆一筆のタッチから完成へと向う様に、小山さんの刺繍の作品は糸やビーズのアタッチメントの集合体が一枚の作品を創り上げますが、 刺繍という表現形態には、独特な時間的なリズム感があると思います。小山さんの作品の刺繍糸の一針一針に、日常の生活に根ざしたデザイン的な楽しさや、もう一歩踏み込んだ世界観への表現など、クリエイティブな眼差しが込められている様に感じられ興味が尽きません。

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/koyamaharuko_19.html

 

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新