2019.06.10:月曜日
星野哲朗 Matière

 

 

 

個展に展示された星野さんの作品はたいへんな力量の作品ばかりで、そのエネルギーの総量は大きく、相当に見応えあるものでした。

漆黒のようで実は沢山の色彩が合わさりでき上がったバックの魅力的なテクスチュアに浮かび上がるワイングラスやシャンパングラスの、エッジの効いた透明感は、強く印象に残ります。

重みのある色彩と質感による作品は、簡単にお部屋にかざる事が躊躇される程の完成度ですが、思わず作品の中の物語に引き込まれずにいられません。或いは作品と観る者の間で知らずに交流が生まれるのかも知れません。

最近、星野さんに画廊ディレクションの仕事でF40(1mx80.3cm)の比較的大きな作品を発注しました。星野さんの敬愛するアールデコ時代の美術家でデザインと絵画の世界を往復したカッサンドルが鋼鉄の船を大胆な構図の美しいポスターに仕上げた様に、 機械や風景が一緒に描かれるという難しいモチーフを見事にこなされ素晴らしい作品を描き上げて頂きました。星野さんのその作品もいつか皆さまにお見せできる予定です。

来年も春に個展の予定がございますので、まだご覧になられておらずご興味のある方にはぜひともお出かけ頂きたいと存じております。

ヨーロッパのテイストがずっとテーマで描き続けている星野さんの作品は、レストランや西欧テイストの空間に、新しい感性でフィットすると感じています。

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/teturou_hoshino2019.html

 

 

 

 

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新