2019.09.17:火曜日
谷口シロウ * 加藤マフミ 「まぼろし花」

 

 
 
谷口シロウさんの絵、加藤マフミさんの文章による絵本、「まぼろし花」の原画展が開催されました。ドローイング、イラストレーション、と垣根のない感覚的表現が魅力的な谷口シロウさんの絵と、谷口さんの旧知の間柄のアートディレクター、加藤マフミさんとの息の合ったお仕事ぶりです。

楽しい絵本から伺えるお二人の優しいお人柄が登場人物の天使たちに重なります。お二人に今回の展示と絵本について文章をお寄せ頂きました。
 


アート絵本「まぼろし花」 出版記念展 (谷口シロウ)

今回の展示は思いがけない再会から始まりました。

以前お世話になっていたアートディレクターの加藤マフミ氏と

数十年ぶりに素敵なタックを組むことに…。

彼が温めていたストーリーに共感し、

今 自分が描きたいスタイルに近い絵にもぴったりだったので、

その大人のアート絵本を目指し、すぐに取り掛かり

推敲を重ね1年ほどかかり完成しました。

子供の絵本でも難しいところ、奇跡の足長おじさんのおかげで

超短期間で出版の運びとなりました。

これは2人の遺作になる強力、普遍的なバイブルです!?

世の中にもっとアートを!

気持ちの良いソファーのように包まれ

エネルギーの素となる綺麗なスイーツやシャンパンのように

少しリッチでキラキラと輝ける糧に

もっともっと大人が楽しめるアートが広がるといいですね。

出会いと発表の場に感謝しつつ

これから次のステージへ向かいます。

 
 
「まぼろし花」は咲いているか (加藤マフミ)

誰の心にも、まぼろし花は咲いています。

心は常に揺れ動き、毎日を生きています。

悩んだり、限りのない欲望を追い続けたり、万象を比較したり、

愛や憎悪や優しい気持ちや勇気などの感情が目まぐるしく渦を巻く。

人間ですから。

良い意味でも、悪い意味でも、

人間として生きていくしか僕たちにはない。

この物語はもう20年以上前に子供向け

というか未来の大人たちに向けて書きました。

そしてこの度、今の大人たちに向けて書き直した作品です。

そもそもこの物語は絵本として

書いたのだから大人向けになっても絵本にするべきと考えました。

絵は誰にお願いしようか?

優しくて、可愛くて、どこかシニカルで、シンプルなのに複雑で、

不思議な魅力のアート感を放つ。

そうだ、旧知の谷口シロウ氏を十数年ぶりに探し出して頼んでみよう。

アート絵本を作ろう。

日本ではそんな領域はない。

アートものの出版なんかよほどの理由がないと無理。

でも今伝えたい、地球のあちらこちらにまぼろし花が咲いていることを。

僕の心の中に聞こえてきた声に後押しされて頑張ってみようと思いました。

「いいことってさ、ひとつくらいはあるかもしれないよ」
 
 


 
 
http://spaceyui.com/schedule/taniguchi_shirou2019.html

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新