2019.10.03:木曜日
百瀬恒彦 写画展 幸せってなんだっけ?PART-2

 

 

スペースユイでは、二度目となる百瀬恒彦さんの写真展が開催されました。

今回は、ニューヨーク近郊に住むアーミッシュと呼ばれる人々の日々の情景がテーマでした。

電気も通らない、電話等の通信機器も持たず、自動車の変わりに馬車を使うという、現代の文明に頼らない生活を選んだアーミッシュの人々は、もち論写真に写される事も好みません。

百瀬さんは、撮影に要する短い期間に若い女性たちの初々しい笑顔や子供たちの楽しそうな笑顔を逃さず捉える事に成功しました。

そしてアーミッシュの人々と一般の人々の住居とは混在していて、夜になり電気のついている家とそうでない家とで区別がつくのだそうです。

また、今回の展示表現として、ニューヨークの街の光景とアーミッシュの集落や人物とを交互に並べ鑑賞できた事も、その対比を皆さんに楽しんで頂けたと思っております。

百瀬さんの作品に魅かれた若い方々も多くお出かけ頂いた事も印象的でした。

百瀬さんの提案では次回はキューバがテーマの展覧会で、その次にマザーテレサの肖像の展覧会を、という事です。そしてどの作品も魅力あるものばかりですが、マザーテレサの表情とその捉え方が強く印象に残りました。

マザーテレサは多くの写真家によって世に出ており、私も他の写真家の方々を存じ上げていますが、百瀬さんの写し取ったマザーテレサの顏が忘れられません。畏怖を感じるほど強烈な優しさといった風な感慨を初めて持ちました。

優れた作家のポジティブな力を持つ作品は、確実に人々の心に繋がって行くと思いますので、今の時代、特に百瀬さんによるマザーテレサの肖像写真の展示が待たれます。

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/momose_tunehiko2019.html

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新