2019.10.13:日曜日
シーノ・タカヒデ 「BLUE TOWN」の住人たちと旅の記憶

 


 

アフリカへの旅が多く、ケニヤの人々の家の外壁にペインティングしたり!、現地の人々との交流が続くシーノ・タカヒデさんの毎年恒例の個展が今年も開催されました。いろいろな驚異的なエピソードがありますが、その中でも特に印象深いシーノさんのお話をご紹介させて頂きます。

☆『象』…を食べた日 ☆

リュツルの森からザイール川を渡り

セントラルアフリカの首都バンギを目指していた

途中 ジャングルを移動するため

カミオンをヒッチし移動

夜は 満天の星空

カミオンの下で眠りにつく

昼間は

ヒッチしたトラックのホロの上に振り落とされないように

しっかりと体をゴムでしばり ただ ただジャングルを走り続ける

旅の移動

途中名も知らぬ小さな村に止まった

日も暮れかかり急いで空腹を満たす為食べ物を探した

ヒッチハイクの旅は休憩時間も運転手次第

しかも フランス語なのでちっとも解らない?

ヘロヘロになりながら小さなマルシェにたどり着き

言葉がわからないまま身振り手振りで食べ物を探す

何とか食事ができそうな場所を探しあてた

とにかく知ってる単語を並べて食べ物を注文する

店主は 白い歯を見せながら何かの塊を持ってきた

出てきたのが何か解らないままかぶり付くが『肉?』

…と言う事はわかったんだが

まるで歯が立たない

腹が減っているせいかそのゴムのようなその肉を

何とか嚙み切り呑み込んだ

ろうそくの灯りの下でその食べ物と格闘しながら

少しずつ飲み込んでいった

夕日が沈みかけ蝋燭越しに人影がちらほら

少しずつ目が慣れお腹も落ち着いた頃

店主にこのほし肉の正体を恐る恐る尋ねてみた

店主は

満面の笑みを浮かべて「象❗️だ」….と笑って答えた

えっ!

正体は『象の干し肉』…だった

…と、ふと座っている椅子に目線をやると

その椅子には大きな爪が…

ぼくは…象の足で作ったイスに座っていた

   ☆

…帰国後ぼくは肉を食べるのを止めた
 
 

 
 
http://spaceyui.com/schedule/shino_takahide2019.html

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新