2019.11.12:火曜日
門川洋子 Secret Letters

 

 

 

 
注目のイラストレーター、門川洋子さんの個展「Secret Letters」に出品された作品の完成度はひじょうに高く、モチーフの選び方や組み合わせの意外性などにも楽しいアイデアが盛り込まれました。
門川さんの作品は、元よりたいへん描き込みの丁寧な技法でしたが、今年の個展の作品は更に視線がディープになり、繊細なデリケイトな描写が印象的でした。 中でも硬質な鋭さを持つ素材を柔らかなもので包み込む、といったコンストラクションを持つ画面の数点の作品は圧巻!という言葉が浮びます。
包み込まれる物は、刃物であったり工具であったりと金属質であるけれど少し優しい金属の感覚、テクスチュアは鉱物質に近いかも知れません。そのようなモチーフをふわふわな羽が包み、時にはリアルな質感を持ったレース糸で編まれた幅広の優雅なリボンが覆います。
そして鋭利な素材と柔らかな優しい素材とは、ひじょうに対照的な感覚をもたらし、その対比の感じは解答のないままに心に残りますが、ふと両者は遠大な時を経て同質なものに集約して行くのではないのかという思いがして参ります。
それは、門川さんが今回の作品を描く上で用いられた色鉛筆という画材が、その両者の対極的な質感の架け橋となって魔法をかけたのかも知れません。
リアルに描写された小さな機械や花や葉等のモチーフも、写実を超えて行くエネルギーと美しさがあり魅力的でした。
 

 

 
http://spaceyui.com/schedule/kadokawa-youko2019.html

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新