2020.07.31:金曜日
奥会津水力館 只見川ギャラリー キュレーションのお仕事のご報告

 

 

 

 

 

 
作家やプロデューサー、また展示のプロフェッショナルの会社の方々等とプロジェクトチームを組み取り組んでいた仕事が、2020年7月にやっと実を結ぶ事ができました。
川の流れと水力発電をテーマにした絵画作品を、新しく建設する奥会津水力館のギャラリー空間に展示する計画があり、作家のチョイスや空間レイアウト、また作品説明等の仕事を依頼されたのが2016年の夏でした。
私たちは、4年掛かりという年月に驚いていますが、計画はすでに10年以上前からあって、2011年の東日本大震災の後に起きたに奥会津地方の大洪水のため、一旦話が中断されていたそうです。
東北電力がクライアントで、みかんぐみという建築事務所が手掛ける奥会津の建築施設の中に展示する作品という事を伺った時には、何だかこのギャラリーにふさわしい小さな展示空間へのキューレーションの仕事という風に解釈していましたが、大きな勘違いだった事がすぐに判明致しました。
仙台にある東北電力の本社は、まるで要塞のような強固な建造物で、簡単には人を寄せ付けない権威の様なものを感じましたし、建築事務所みかんぐみは可愛らしいロマンチックな感性からの命名ではなく、クライアントに相応しい強固な建造物設計をなさる建築家集団でした。
現地は奥会津金山(かねやま)町にあり、広々と開けた敷地内に建つ約80メートル幅の平屋建物の正面からはぐるりと山々に囲まれた敷地が望め、建物の裏手のカフェスペースからはゆったりと流れる只見川が眺められるのです。
現場には、まだ整地もしてない頃から何度か訪れておりましたが、今年の5月連休明けはいよいよ作品の搬入の立ち会いの為の、3度目の奥会津訪問でした。
素晴らしい眺望の元、最新デザインの建築がど〜んと建ち、内装施工の株式会社ムラヤマによるシンプルの極致を目指されたインテリアデザインも素晴らしい空間でした。
また、開梱され壁に立てかけられた我がスペースユイの作家の方々の額装された作品も、東京の額屋さんでは見ておりましたが、現地で見ますと、想像を超える出来映えに、新たな感動を覚えました。そして美術館の展示のプロの方々の手による丁寧な作業による作品の設置は完璧なバランスで仕上がりました。
作品は、プロデューサーの方のアイデアで、水源、川、水力発電施設、灯り、の4つのテーマに分けて16点。それぞれのテーマでイラストレーターの方々に描いて頂きました。
F80、F40と、普段取り扱う作品に比べて相当大きなサイズでしたので、アーティストの皆さんも制作がたいへんだった事と思いますが、こうして大きな建造物の中で見ますと、皆さんがたいへんな力量の持ち主であるという事がわかります。
奥会津を流れる只見川には多くの水力発電施設がありますが、東北電力の初代会長である白州次郎氏が率先して電源開発に関わり、東北への富とエネルギーの流れに貢献されたという事です。
去る7月9日が水力館のオープンの日でしたが、生憎の新型コロナウィルス感染の影響から、東京のプロジェクトチームは作家たちも企画サイドも参加致しませんでした。そして、オープン当初は地元の方々だけに解放されました。
私が現地に行く時には新幹線を郡山で降車、郡山からはレンタカーで奥会津まで連れて行って頂いていましたが、電車を乗り継いで行くのは調べてからでないと、たいへんなことになるでしょう。何しろ水力館の近くの会津中川という只見線の駅からの電車は1日に6本ほどしか出ていないのです。
皆様ぜひお出かけ下さい、と中々申し上げられないのが辛いところですが、プロデューサーの方と相談の上、 行き方のご紹介や正式なご案内を後日に再度させて頂く所存でおります。
秘境、と言ったら失礼なほど奥会津地方は豊かな歴史ある自然環境が知られておりますが、只見線に乗って(幾駅かの区間だけの経験でしたが)、山あいをたゆたう様に流れる只見川を眺めていますと原初的な風景の中、心身が元気を取り戻すのを感じます。
東京から遠く離れた美しい場所に、画廊ゆかりのアーティストの方々の作品を展示する機会を得ました事をたいへん幸せな事と思っております。
普段のギャラリーの仕事以外のプロジェクトを組んでの仕事でしたので、作家の方々とも何度も会合を開いて話し合いや報告を致し、皆で奥会津に視察旅行に出向きました事も、楽しい思い出となりました。
そしてこの仕事をご一緒させて頂きました全ての方々に感謝申し上げます。

出品作家の方々(敬称略):
テーマ別
水源:民野宏之、深谷良一、水沢そら、矢吹申彦
川 :小渕もも、小池アミイゴ、舟橋全二、山田博之
水力発電施設
  :高橋キンタロー、深谷良一、星野哲朗、山田博之
灯り:安西水丸、小池アミイゴ、竹井千佳、民野宏之
 

 

 

 

ページトップへ

Copyright © 2020 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新