2020.10.01:木曜日
木村かほる DOOLS 2

 

 

 

 
昨年に続き、「木村かほる展DOLL2」が開催されました。
ずっとチャレンジしている世界観に少しでも近付けたでしょうか。
最初は具象的な表現から始め、人物や植物や風景など一般的なモチーフを描いていましたが、現実を超えた世界を表現したいと、抽象的な作風へと移行しました。
そして現在は、出発時の具象のニュアンスと抽象とを融合した世界を表現しようとしている様ですが、中々難しそうです。
ペインティング特有の厚みのある感覚と、それとは逆説的に、加えれば加えるほど明度が増す光の世界の加算混合的な感覚とを同時に表現することを目指していることは、理屈では理解できてもどの様に展開されて行くのかは想像に難く、またその完成度をとても楽しみにしている気持ちもあります。
現実という3次元の世界と、目には見えないけれど確かに存在する世界、言葉にするとたいへんな感じが致しますが、絵を描くという行為自体がおおよそ具体的な表現であったとしても、それは生物としての直裁的な生命維持活動とは離れた抽象的な営為なのでは、と思います。
それだけに、その見えないエネルギーをどのような世界観でもって人々に差し出すのかということが問われるのではと考えます。
この生きずらい世界の中で、ポジティブな姿勢を失わずに自身の表現世界を構築し続けていくこと、クリエイティブな世界に生きる人にとって、その精神を維持し続けていくことが、一番に望まれていることと思うのです。
木村かほるは、ギャラリーのhp制作なども担うギャラリースタッフであり、自分の妹でもある事から、主観も入ってしまいそうですが、本人の制作や生きる姿勢にはエールを送りたいと思います。
 

 

 

 
http://spaceyui.com/schedule/kimura_kahoru2020.html

ページトップへ

Copyright © 2020 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新