2020.11.10:火曜日
沢野弓子 工作の時間

 

 

 

 
本展覧会に於ける沢野弓子さんには、心から感謝申し上げたいと思っております。
3ヶ月にも満たない準備期間での個展開催でしたが、見事に素晴らしい展示を成し遂げて下さいました。
10月末のこの会期は、カナダ在住のイラストレーター、スリープレス・カオさんの作品展が予定されておりました。カオさんとは最後の最後まで開催について話し合いを続けて参りましたが、このコロナ禍の中での開催リスクを考慮し(カナダ、日本両国での各2週間の自主隔離の義務等)、断念せざるを得ない結論となりました。
スリープレス・カオさんの展示は丁度1年ほど延期となりましたが、来年10月には素晴らしいイラストレーションを皆様にお届けできると思っております。
さて、今回の沢野弓子さんのアイデアと意外性に富んだ展覧会は、沢野さんによるスタンプのコレクションから発想されたひじょうにユニークな展示でした。
誰に見せるという目的ではなく、これだけ多くの珍しくまた貴重なスタンプを、日本だけでなく、ヨーロッパの蚤の市などでも買われて沢野さんがお持ちだったという事は全く知らなかったので、とても驚かされました。
ゴム製のスタンプだけではなく、細い金属がまるでタワシのような、大きな歯ブラシのような構造で作られている、見た事のない花々のスタンプもありました。
スタンプの製造された時代も、100年以上を経たものから新しいものまでと時代もそして地域にも幅があり、嫌でもイメージが膨らんで参ります。小さなギャラリー空間の中に立ち現れた、時間も場所も超えたプレゼンテーションだったと思います。
お客様には、沢野さんが縫製された小さな木綿地や麻の小さなポーチに、それらのスタンプを自由に好きなだけ押してもらって各人独自のヴィジュアルスタンプ作品を作って頂くという贅沢な時間を、たっぷりとお楽しみ頂けました。
大の大人の皆さんが、子供のように夢中でスタンプを押されている姿が本当に楽しそう!素晴らしい時間でした。
また、ヤシの繊維を用いて作られたブローチやコラージュ作品も既視感のない新感覚の作品で、皆の眼を楽しませて下さいました。
グラフィックデザイン的なエッセンスとセンスをバッグ等に置き換え、沢野さんが豊富に持たれている装飾的なパーツをコラージュした作品も、変わらぬ人気を誇りました。
例年は、2年に一度のペースで開催して頂いておりますが、今回は思わぬきっかけからフレッシュな展覧会が開催できました事、ギャラリー、そして沢野さんファンの方々にとりましても、幸運な経験でした。
 

 

 

 
http://spaceyui.com/schedule/sawanoyumiko2020.html

ページトップへ

Copyright © 2020 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新