2020.11.22:日曜日
オカダミカ 境界線

 

 

 

 

「境界線」という、興味深いタイトルのオカダミカさんの個展でした。
 ファッショナブルなモチーフとテイストに定評のある、オカダミカさんの、意外とも思われる側面がテーマの個展だったのでしょうか。
 「目線や立ち位置を変えれば、そのどちら側にでもいける。 境界線を作るのも無くすのも、超えるのも自分。そんな気持ちで境界線をテーマに制作してみます。」・・・オカダミカさんのDMに書かれたメッセージです。
 ギャラリーを訪れる方が多様に解釈のできる「境界線」というタイトルは、想像力を湧かせながら作品を鑑賞できるキーワードとなる言葉だったと思います。
 今回の展示作品には、女性二人の肖像の頭部の部分が溶け合っているモチーフのものが多く見られました。異なる人間同士の考えや感性の違いを超えて行くことの意味を提示されていたように思います。
 「美意識やイデオロギーの溝は埋められなくても、共存して行く。」それは案外に容易いことなのではないか?オカダさんの作品が指し示しているように思います。
 また、オカダさんの作品の元来からの特徴でもありますが、描かれている女性の視線の神秘的な不思議さを感じます。作品の中でファッショナブルな衣装に包まれながら、現実世界のその先の遥か彼方を見つめている人の眼差しには、一体どのような世界が映っているのでしょうか?
 それらの観点からオカダさんの作品を拝見しますと、観る側のイマジネーションを誘う様々なファクターが、光るモザイクの様に見え隠れしているように思われます。 
 ご本人の、愛情溢れる姿勢と冷静さとがファンデーションとなり創出された作品からは、繊細かつ鋭敏な心情を包括しながら、揺るぎのない核心のような芽生えが感じられます。
 

 

 

 
http://spaceyui.com/schedule/okadamika2020.html

ページトップへ

Copyright © 2020 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新