2021.07.16:金曜日
天野智也 Color

 
 

 
 
天野智也さんの今年の個展タイトルは「color」。
タイトルの通り、備前焼き陶器の多彩な側面を垣間見させて頂きました。
日にかざすとブルーに光って見える茶碗やいぶし銀のような渋い色彩の物、白っぽい物や赤土の感触をそのまま生かした器など々・・・。ギャラリースタッフもお客様と一緒に備前焼き陶器の「color」を存分に楽しませて頂きました。
もしかしたら当画廊の長寸方向のサイズより大きいかも知れないご自身で作られた天野さんの登窯は驚く程大きく、窯に火をかける時の置き場所によって、器の色や表面のテクスチュアに様々な変化がつくのだそうです。
釉薬を全く用いていないのにツヤツヤしていたり、また逆に岩肌のような仕上がりになるのも、作陶への絶え間ない探究心と経験失くしては得られない事ですね!
今回で14回目となる天野さんの個展でしたが、回を重ねる毎に評判を呼び、お客様が増えていきます。個人のお客様と一緒に、青山界隈の和食のお店の方々が多くいらっしゃるようになりました。とても気持ちの良い美味しそうなお店ばかりです。
一流といわれるお店ばかりの様にお見受けし、検索して、天野さんの器を拝見するととても嬉しい気持ちになります。
また、若いお客様がそっとひとつ買われて行かれるのも、良い感じです。
天野さんのお人柄を反映するかの様な、シンプルで力強くそして温かさの感じられる陶器はそうそうありません!
 
 

 
 
http://spaceyui.com/schedule/amanotomoya_2021.html

ページトップへ

Copyright © 2021 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新