Monthly Archives: 6月 2022
2022.06.29:水曜日

 
 

 
 
出口はつえさんは、1985年に今回と同じくリボンをテーマに初の個展を開催して下さいました。
今回の個展タイトルも「出口はつえ Ribbon」。満を持しての楽しさいっぱいの展覧会でした。
今回の個展開催にあたっては、大きなご病気を克服された後でしたので、感慨もひとしおです。
何度もの手術や入退院を繰り返されたお身体での作品制作とはとても思えないパワーを感じさせられるエネルギッシュな個展会場となりました。
アルファベット順にAからZまでをコカコーラをモチーフにコラージュされた26点のコーラ専用サコッシュや、全てが布で造られたタワーやパフェや可愛らしいバッグなどがポップに鮮やかに展示されました。
出口さんは小学生の頃、ガールスカウトに入っていて、クリスマスの時期になるとよく代々木の米軍住宅のご家庭に招待されたそうです。
年毎に色々な家庭に招かれましたが、その時に触れたアメリカの文化や空気感が柔らかな小学生の出口さんの感性に沁み通り、既に作品制作のテーマとして根付いてしまわれたようです!
サテンや透き通った布や様々な表情を持つ布、ビーズやボタン、またアメリカのビンテージ布レースなどを用いて組み立てられたコラージュ作品は、弾けるような楽しさです。
絵を描くように針と糸と布を用いて作られる自由な感覚に溢れたコラージュ作品は、完成度高く、大人の遊び心が煌めく様でした。
お身体をいたわりながら、また私たちを楽しませてくれる作品を見せて下さいます様、心待ちにしております。
 
 

 
 
http://spaceyui.com/schedule/hatsue_deguchi2022.html

2022.06.22:水曜日

 
 

 
 
「足立もえか個展 有機とリズム」、足立もえかさんの当ギャラリーでは初めての個展が無事終了しました。
ギャラリーには、展覧会タイトルのように若々しい作品が展示され、リズム感のある空気が醸成されました!
東京や海外も含め、街を歩きながら足立さんの心に響いた人々の記憶に残るシーンを描いたり、全部のお客様を自分のヘアスタイルと同じにしてしまう個性的な床屋さんとその店内など、日常のひとこまを生き生きと描いた作品が印象的でした。
また、足立もえかさんの作品の中の人物の表情がとても明るく初々しく、好感の持てる感覚を覚えました。作品をご覧になられた多くの方々からもそうした声が寄せられましたが、それは足立さんの個性そのものなのでは・・・、と思ったり致します。
大学時代に化学を学んだ足立さんには、ギャラリーにあるアロマ部門のイベントで大変お世話になった事もあります。植物の特性についての足立さんのレポートがユイドロップスの顧客の方々の論理的な理解への道筋に繋がり、とても有意義で楽しかった時間を思い出しております。
作品の制作にかかる時間を作る事もたいへんなこ事と思いますが、足立さんの伸び伸びとしたまっすぐな感性を大切に次のステップへと向かって頂きたいな、と感じております。
 
 

 
 
http://spaceyui.com/schedule/moeka_adachi2022.html

2022.06.11:土曜日

 
 

 
 
当画廊で新人イラストレーターとしてスタートされ、ずっと長く活躍されており、今やベテランの域の松本圭以子さんです。
作画のテクニックにおいては、右に出るものがいないのでは・・・、というほどの力量を感じるイラストレーションです。
松本圭以子さんは、野中柊さん原作の猫をモチーフにした童話シリーズの作品制作をずっとなさっていて、個展での作品も猫がモデルの作品が多く登場致します。
猫の大好きな方々どうしの交流も、楽しいものです。松本さんは、猫に魅了されている、というほどではないそうですが、描かれた猫の表情などには既に猫の本質を理解している方のようにお見受け致します。
松本圭以子さんの作品は、主にパステルで描かれておりますが、モチーフの立体感や空間の奥行き、室内の調度の描き方など、描き慣れた達者な存在感は流石です。色使いも松本さん独特で、油彩画のようにも感じられます。
海外生活の経験も生かされて、翻訳物の文学作品の挿絵なども得意分野とされ、オファーが多いそうですが納得です!
今後も優秀な把握される力量とテクニックをもって、ずっとご活躍が続く事でしょう。
 
 

 
 
http://spaceyui.com/schedule/keiko_matsumoto2022.html

2022.06.05:日曜日

 
 

 
 
当ギャラリーの最初のスタッフをお願いしたアベヨシコさん。純粋で心根の優しいヨシコさんと一緒に、毎日楽しく画廊のお仕事をさせて頂いていましたが、イラストレーターとしてすぐに売れっ子になってしまい、フリーランスとしての活躍が始まりました。
ご家族が増え育児などで、少しお休みの時期が続き、数年前に再スタートをしましたが、やはりアベヨシコさんの絵は人気があって、すぐに多くの新しいファンの方々ができました!
ヨシコさんが、こんなに楽しそうに絵を描かれる方とは・・・。そしてイノセントな子供のように次から次へと新作が生まれます!
また長女は建築家に、次女も創造的なお仕事へと、楽しげな大人の女性へと出発されています!
文は苦手だというアベヨシコさんに、創作の秘密を伺ってみました!!
 

 
今回の展覧会では
段ボールをメインで扱う試みをしてみました。
今までもコラージュの中に段ボールを取り入れる事はありましたが,
段ボールで立体化した作品が主な展覧会は
初めてでした。
水で漉いた段ボールを薄くはいで
ペイントして
タコ糸やホチキス等でランダムに留め
立体化していく。
そしてそれをコラージュの中に組み込んでいく。
ラフに見えますが自分としてはかなり計算して作っているつもりです。
(元来が大雑把なので,あくまで自分としては,ですが…) 
シャビーシックな昔懐かしい感じや
トタン屋根の海小屋等の
乾いた空気感が出せたらと思い作りました。
観てくださる方々が
ご自身の懐かしい郷愁と重ね合わせてくださると嬉しいと思いました。
 
またSNSを観てお越し下さった方々の多さにもびっくりしております。
こんな時代だから、なおさらに
みなさん
個々の感性に合うものを求めていらっしゃるのだなぁと感じました。
 
皆さまお忙しい中をぬって
わざわざ足をお運びくださり
本当にありがとうございました。
 
 
そして
YUIのスタッフの皆さんからも
今回も温かな応援のお気持ちと
楽しい時間をいただいて,
また張り切って制作していこうと
思っております。
この場をお借りして御礼申し上げます。
ありがとうございました。
 
yoshiko abe
 
 

 
 
http://spaceyui.com/schedule/yoshiko-abe2022.html

ページトップへ

Copyright © 2022 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新