2013.11.07:木曜日

 

卯月俊光「やまと燦々」

 

 

 

今回卯月俊光さんのダイレクトメ―ルをご覧になった方は、以前の卯月さんを知っている方なら皆さんびっくりなさったのではないでしょうか?見ると元気な気持を引き起こされずにはいられないDMからのメッセージには感動を覚えます。

卯月さんの「富士山と太陽」は、ポップで伝統的で派手さとシックな感覚が混ざり合いオリジナルなパワーを発散しておりました。

そして、画廊空間に展示された全ての作品が、ごく自然に色彩と形態のバランスを音楽の様に奏で合っていましたが、整った美しい画面構成からちょっとはみ出したり壊してみたら、更におもしろそうです。

僭越な感想ですが、卯月さんの中で自由度が大きく風を孕み、その揺るぎない技術と結びついたら未知の何かが生まれる予感がしました。

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/utsuki_13.html

 

 

 

 

高橋淳子デザイン書道展2013「TOMORROW 2」

 

 

 

書道の道筋は、普段ギャラリーで展開される美術作品の流れとは少し異なるかも知れませんが、流れる墨の美しい線の世界をみせて頂いたり、デザイン的な墨のアルファベット等、フレッシュな感覚で拝見させて頂くことができました。

高橋淳子さんの作品を拝見し、文字を墨で描き、またデザインしたりすることと同時に、表装の作業や、パーテーションとしてしつらえたりする事も展示のプレゼンテーションとしてとても大切なことと思いました。

現在をとりまく状況への思いも綴られたたいへん志ある表現であったと思います。

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/takahashi_junko_13.html

 

 

 

AAAAA
2013.10.30:水曜日

 

 

 

たかおゆうこさんの展覧会は、いろいろな意味で情報量のたくさん詰った、見応えのあるものでした。

水彩絵の具による大き目の平面作品は、抽象的に整理された色面構成が美しいバランスで表現され、小品は具象的な風景を表し、情緒的な感慨を呼び起こす作品でした。

また、オーソドックスなヨーロッパテイストの絵本は左脳をフル回転しなければ描けないもので、感覚的に楽しめる作品と共にたかおさんの知的な側面をいっしょに鑑賞する事ができたと思います。

画材の多様さだけでなく、いくつかの異なる表現形態がひとつの空間で提示され、それぞれの表現が矛盾する事なく、全てがたかおさんの作品として融合されており、作家の実力を感じさせられる展覧会でした。

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/takao_13.html

 

AAAAA
2013.10.19:土曜日

 

 

 

二年毎に開催される沢野弓子さんの作品展は、毎回新しいテーマで展開され、フレッシュな感動を呼び覚まされます。今回は「日常のアフリカ」というタイトルで、主としてアフリカの布を用い作成した作品を発表致しました。

沢野さんは元来、コラージュなどの技法による抽象作品の作家さんですが、平面作品を作るのと同じようにバッグを作られます。

世界中からプリント生地や織物素材、ビーズ、ボタン、リボン等の素材を蒐集し、それらの知識にも精通した沢野さんのバッグを心待ちにして下さる方々は大勢いらっしゃいます。ファッショナブルで色彩感覚抜群の沢野さんのバッグは、おしゃれな感性にも美術愛好心にも訴えかける魔力がある様です。

今回も、アフリカだけでなく、ヨーロッパ、アジア、南米諸国、アメリカ等、様々な国々の布地を使って奏でられる色彩の響宴を楽しませて頂きました。

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/sawano_13.html

 

 

 

AAAAA
2013.10.12:土曜日

 

 

 

高橋知江さんの「とりのひみつ」、初めての個展が開催されました。鳥を描いた平面作品と陶芸作品とを発表致しましたが、高橋さんのおおらかな個性に感銘を受けた方は多かったのではないでしょうか。擬人化された鳥さんやそうではない鳥たちも、自由にのびやかに鮮やかな色彩で描かれて、見る側は温かな感慨をもたらされました。

陶器による立体作品は、小品ながら滑らかな形態が一貫した完成度を保ち、鳥たちの表情も見ていて飽きない見応えがありました。思わずクスッと笑わされたり、どうしたの?と思わされたりと、コミニュケーションできる作品を作家の貴重な資質と思うのです。

 

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/takahashi_tomoe_13.html

 

AAAAA
2013.10.08:火曜日

 

 

 

新しい題材としての幼女たち、そして 持ち味である色彩感覚の良さを生かした従来からのマットな質感を伴う技法を進化させたエヴァーソン朋子さんの作品は、沢山の方々からの支持を得て、好評を博しました。玩具等を描いた小品の和のテイスト漂う画面からも、エヴァーソン朋子さんのこれ迄の作品特性を再構成したパワーポイントが感じられ、これからの活躍が期待されます。

平面作品の他に取り組んでいる陶芸作品やアクセサリーも出品、変わらぬ人気がありました。

「虹探しの子供たち」というタイトルでしたが、最終日には本当に虹が出現、私たちを驚かせました。

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/everson_13.html

 
AAAAA
2013.09.29:日曜日

 

 

 

下川路博美さんの一版多色刷りの美しい銅版画展が開催されました。作品から立ち上る匂やかな香り高い植物や小さな動物、卓上の小さなオブジェ等の作品モチーフの可愛らしさや楽しい午後のひとときの幸福な感覚を楽しむ事ができました。ルネ・ラリックやガレを彷彿とさせる下川路さんの手によって造型された香水瓶に、それらのモチーフが装填された様子には、オリジナルなスタイルが感じられました。エッチングの手法の他にアクアチント等の技法を駆使した作品は、画面にニュアンスある表情と奥行きを感じさせる完成度の高いものでした。

 

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/shimokawaji_13.html

 

 

AAAAA
2013.09.19:木曜日

 

 

立川一美さんの作品は、刺繍糸や毛糸などで刺した糸と布の作品ですが、手芸の枠を超えたミニマリズム的表現を感じます。

ご本人は多くを語りませんが、ひとつひとつの作品がさり気なくしかも雄弁に作品の持つエネルギーを伝えます。

作品の前で立ち止まらせる力量を多くの人々が感じ取られていた様に思います。これからどのような作品を展開されるのか、興味が尽きません。

 

 

 http://spaceyui.com/schedule/tachikawa_13.html

AAAAA
2013.09.16:月曜日

 

 

 

個展を毎年開催するというのは、色々な意味でエネルギーを必要とすることです。そのプロセスの中で変化し、成長しながら進化していく、ということは至難の業と思われます。田村愛さんの展覧会は、作家自身の透明感溢れる作風というテイストは失われる事なく、今年は更にダイナミックにそして色彩も鮮やかに力量が充実しました。ファブリックのシルクスクリーン作品を作成しはじめてから、より自由に、色彩も明るくなられた様です。

田村愛さんの作品に囲まれると、作品から伝わるものから気持ちがリフトアップされるかに感じます。何人もの方々から同じ感想を頂き、作家にとっても力になりました。

 

 

 

http://spaceyui.com/schedule/tamuramana_13.html

AAAAA
2013.09.11:水曜日

 

私は、現在の立場として、むしろ英語でこの様な思いを書きたいと思っておりましたが、語彙の豊かさも英語の能力にも欠ける自分には不可能、と諦めかけていた時に出会った文章があります。人智を超えるかに思われる感受性を以てこの世界に存在する様々な美しいものを紹介して下さるfbでのお友だち、舞踏家の町田宗昭さんの文章を皆様に読んで頂けましたら嬉しいです!

 

今回、2020東京オリンピックが決まりました。

しかし、日本人としてという以前に、資本家と結託した政治的な超国家経済システムと多国籍企業の論理にまどわされない、エコロジカルな基盤とコンセプトをもったコスモポリタニズムの視点からの発言や政治的な姿勢で判断をしてほしかったとの思いがあります。

そのうえで、東洋でオリンピックを現在の東京で行なうことに対しての意味と意義についてもっと掘り下げる必要があるとぼくは感じます。

また、それは個々人がそれぞれの立場と生き方をもって、為さねばならないのだと、ぼくは思います。常に国家やコミュニティに対して、もしくはシステムや社会的な常識に依存せず、地球規模で考え地域規模で行為する必要が問われているのではないでしょうか。

 

This time, 2020 Tokyo Olympics was decided.

However, previously referred to as a Japanese, do not be fooled by the logic of multinational corporations and transnational economic political system that is in collusion with the capitalists, and political remarks from the perspective of cosmopolitanism with a concept and infrastructure ecological There is I think that with wanted a judge attitude basis.

Moreover, I feel there is a need to delve more on the significance and meaning of to be carried out at the current Tokyo Olympics in the East.

In addition, individuals with a way of life and their respective positions, and he must be made to it, I think. Necessary to the community and state, or it does not depend on common sense and social system always, to act at regional scale to think on a global scale I think this is one of being questioned.

AAAAA
2013.09.06:金曜日

 

 

 

今回の山口マサルさんの作品展では、ギャラリーから陶器のリクエストを致しました。いつもの明るい色調のイラストレーションとは異なる作風が、始めて見る方々を驚かせたようでした。元の形から山口さんのデザインから作られた器は、イラストレーションの楽しさといっしょに古典的な風格さえ感じられます。あっと言う間に皆さんの手に渡って行きました!

壁に掛けた作品は、山口さんがウィローの様式を自分スタイルに自由にデザインした皿の見所満載のイラストレーションが、見応えのあるものでした。次回の展覧会には、実際にウィーロー柄の陶器が出来上がるかも知れません!明るく、皆さんにあまねく優しい山口マサルさんの周囲にはいつも笑いが絶えません。

 

 

 

 

 

山口マサル氏と来訪された久里洋二氏といっしょに。

 

http://spaceyui.com/schedule/yamaguchi_13.html

 
AAAAA

ページトップへ

Copyright © 2019 space yui All Rights Reserved.
解説: 調べる ファイルを更新